50th anniversary

製品信頼性試験

様々な異なる環境で使用される製品に対して、各種の試験設備で人工的な環境を作り製品の品質保証試験を行い、「お客様の信頼」にお応えします。
充実した各種検査機器、信頼性試験装置の最適な運用で品質・信頼性を確保します。

走査型電子顕微鏡(SEM)・エネルギー分散型 X 線分析装置(EDX)

金属、無機材料、有機材料等の微小部観察と元素定性分析、定量分析を行います。

高度加速寿命試験装置(HAST、PCT)

  • 温度範囲+105 〜+ 143℃
  • 湿度範囲 75 〜 100%RH
HAST(不飽和加圧蒸気試験)
温度、湿度ストレス、バイアスを同時に加え、加速試験を行い短時間で信頼性の判断を行います。
PCT(飽和加圧蒸気試験)
飽和状態での試験で、HAST 以上に厳しい試験を行う事が出来ます。

気相熱衝撃試験装置

  • 低温側:-70 〜 0℃
  • 高温側:+60 〜 +200℃

高温と低温を繰り返し行うことにより、温度変化に対する信頼性を短時間で評価します。

恒温恒湿器

温度:-40℃〜 +100℃
湿度:20%RH 〜 98%RH

様々な環境下にて、使用した場合の耐久的な信頼性を評価します。

絶縁劣化・連続測定システム

恒温恒湿バイアス試験中、絶縁抵抗値の連続測定が可能で試験中のイオンマイグレーションの発生を正確に捉える事ができます。

リフローはんだ付け装置

実際の実装条件にてはんだ付け評価を行います。 また、実装工程をシミュレーションし熱履歴を加えた後で信頼性評価を行い、高い信頼性を確保します。

研磨機

断面研磨による銅めっき厚の確認、平面研磨による内層パターンの確認等行います。