ディスクロージャーポリシー

1. 情報開示の基本方針

当社は、証券取引法及び証券取引所の定める法令・規則を遵守した情報開示を、適時・正確かつ公平に行うとともに、投資家の投資判断に影響を与えると思われる情報を、積極的に開示することを基本方針とします。

2. 情報開示の基準

当社は、次の会社情報を公表すべき情報と位置づけております。
1) 証券取引法及び証券取引所の適時開示規則等により開示が必要とされる情報。
2) 上記の法令・規則に該当しない情報であっても、当社をより正しくご理解いただくために有用と思われる情報。

3. 情報開示の方法

情報の開示に当たっては、証券取引所の定める適時開示規則に準拠し東京証券取引所の提供する適時開示電子情報システム(TDnet)にて公開するとともに、TDnet登録後すみやかに報道機関への同一情報の提供と、当社ホームページにも情報を掲載します。ただし、システムの準備の都合上、これらの情報の当社ホームページへの掲載が遅れることもあります。
また適時開示規則に該当しない情報につきましては、適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法により正確かつ公正に当該情報が伝達されるよう配慮を行います。
尚、当社ホームページの情報掲載につきましては、当社へのご理解を深めていただくことを目的としておりまして、投資勧誘を目的としたものではありません。

4. 沈黙期間の設定

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の2週間前から決算発表日までの一定期間を「沈黙期間」に設定しており、当該期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。
ただし、この沈黙期間中に業績予想等が大きく変化する見込みが出てきた場合には、適宜、情報の開示を行います。なお、沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関する範囲のご質問につきましては対応いたします。

以上